会期が終了しました

4年目となる今年は、5月25日から約5ヶ月間に渡り開催してまいりました。

猛暑や豪雨、台風など、天候に恵まれない日も多い年でした。

そんな中、昨年よりもさらに多くの方々が運営のお手伝いやプログラムの主催者として関わってくださり、ますます多くの方々から愛される公園へとなっていくことができたのではないかと思います。

東遊園地には大きな可能性があります。

「市民がシェアするアウトドアリビング」・「都心の価値を高めることができる」・「コンパクトシティ神戸の核となる」といった公園がもつ大きな可能性を、この社会実験を通してさらに引き出すとともに、市民と行政がともにチャレンジしてきたこの4年間が、神戸の都心全体の今後の整備と長期的な発展につながることを願っています。