葉っぱ

著者:銀色夏生

出版日:2002-04

寄贈者:008/柴田英里

この本との出会いは、ちょうど昼下がりのとき、青空の下でのことでした。何も考えず、公園の芝生の上で、ぼーっと読むことができたら幸せだなあと思ったことがきっかけです。葉っぱというのは身近にあり、全て同じように見えますが、一枚一枚違う表情、形をしています、私たちの日々も似ているようで、毎日違います。気づきの一冊になれば幸いです。