動物農場

著者:ジョージ・オーウェル

出版日:2013-09

私にとっての公園は、忙しい日常から少し離れてほっと一息つくことができる場所です。だからこそ、自分自身が生きている社会をすこし、客観的にみることができるのではないかと思います。この本はそんな時こそ、読んで考える価値があると思い、選びました。社会主義、共和主義、民主主義…。これらは複雑だが、世界各国の経済発展を考えるうえで欠かせないテーマです。この本は、なぜ共和制は失敗するのか、独裁者はどのように生まれるかを、動物を主人公とした物語でわかりやすく学べます。